IFO注文 IFD(IfDone)注文
8月 02


OCC注文とは

W指値 または ツウィン指値 とも言い、レートがどちらの方向に動いても両方に対応できるように、利食いのための指値注文と、損切りのための逆指値注文を同時に発注することができます。
どちらかが成立したら、もう一方はキャンセルするという便利な注文方法です。

新規の注文時でも、既に注文済みの決済にも利用可能なので、利益確定パターンや損切り想定パターンなど、いろいろなケースでの利用が考えられます。

例えば、新規注文の場合で
現在 1ドル = 100.00 (Ask) の時
1ドル = 99.50 まで下がったら割安なので買いたい場合と
1ドル = 102.00 まで上がったら上昇トレンドなので買いたい場合に利用出来ます。
片方が約定した時点で、もう一方はキャンセルになります。

または、既に注文済みの決済の場合、
現在 1ドル = 100.00 (Bit) の時
1ドル = 101.00 まで上がったら利益確定のために売りたい場合と
1ドル = 99.50 まで下がったらストップロスのため売りたい場合に利用出来ます。
片方が約定した時点で、もう一方はキャンセルになります。
と、言うように利益確定のための決済注文、損失確定のための決済注文(ストップロス)を同時に発注することが可能です。




メリット

利食いのための指値注文、または損切りのための逆指値(ストップロス)注文を同時に発注することができる非常に便利な注文方法です。


デメリット

新規注文時か、決済注文時のどちらかにしか利用できない。




written by jun Top


Comments are closed.


コメント