トレール注文 OCO注文
8月 02



IFO注文とは

IFD注文 と OCO注文 を合わせた注文方法です。

最初の新規買い注文を入れる時点で、利益確定の売り注文 と 損切りの売り逆指値注文 を同時に発注でき、決済注文が成立するともう一方はキャンセルするという便利な注文方法です。
つまり、IFO注文を入れる際に、新規注文価格 利益確定指値 損切り逆指値 の3つの数値を入力することにより、あとは放っておいても自動的に望みどおりの価格で利益確定または損切りが執行されることになります。

例えば、現在 1ドル = 100.50 の時
1ドル = 100.00 まで下がったら買いたい
と、同時に 1ドル = 100.50 まで上がったら利益確定のため売りたい
また、 1ドル = 99.00 まで下がったらストップロスのため売りたい
決済注文の片方が約定した時点で、もう一方はキャンセルになります。



メリット

新規注文時に 新規注文価格 利益確定指値 損切り逆指値 を指定すればあとは決済まで自動的にやってくれるという素晴らしい注文方法です。
IFO注文を使いこなせれば、レートがどんな風に動いたとしてもマージンコールや強制ロスカットも関係なし。
これこそ完璧なリスク管理と言えるでしょう。


デメリット

特になし



written by jun Top


Comments are closed.


コメント