IFD(IfDone)注文 指値注文
8月 02



逆指値注文とは

ストップロス注文とも言い、今のレートよりも 高く買いたい または 安く売りたい という注文方法です。
この逆指値注文は主に、ストップロス(損失確定)に使われます。
逆指値注文は、IfDone注文、OCO注文、トレール注文で使われます。

指値注文は今のレートより安く買いたいのに対して、逆指値注文は今のレートよりも高く買いたいという注文方法です。
これにより、損失を最小限に食い止めたり、円安が進むのに合わせて売り注文のレートを切り上げ、利益の額をジワジワと押し上げていったりすることができます。

例えば、現在 1ドル = 100.50(Bit) の取引されている場合で
1ドル = 100.00(Bit)でまで下落したら売りたい(ストップロス)というケース。
この場合、取引画面上で 1ドル = 100.00 の逆指値で売り注文を出しておきます。
すると、為替が予想どおりの方向に変動し、レートが注文した価格に達した際に自動的に売買が成立します。
逆指値注文は、「指定した価格より下がったら売りたい」
または、「指定した価格より上がったら買いたい 」 といったストップロス時などの予約をしておける便利な注文方法です。

逆指値注文は、予想が外れた場合に損失を予め限定する方法で、自分にとって不利な注文を出すことです。
これが逆指値注文であると言えます。



メリット

相場が予想と反対に動いた場合の、損失拡大防止ができる。
相場が予想通りに動き、現在利益が出ている状態において最低限の利益を確定したい場合
予め確定したい値段で注文と逆のオーダーを出しておくことができる。



デメリット

成行注文にも記載しましたが、逆指値注文はスリッページが発生しやすく注意が必要です。
FX業者が自動ロスカットをする際にも使われ、為替相場が急落している最中に、FX業者によりロスカット注文が発動された場合は思わぬ為替レートで約定する場合があり、ハイレバレッジで取引をしていた場合は元本以上の損失が発生する場合があります。





written by jun Top


Comments are closed.


コメント