口座開設方法 税金について
7月 28


ここでは、FX の取引の基本的な流れを説明します。

すごく単純に言うと・・・
  1. 新規注文
  2. 約定
  3. 決済注文 (反対売買)
  4. 約定
  5. 損益の確定
・・・となります。



まずはじめにすることは、FX 業者専用のツールを起動します。



新規注文

次に、注文種別、通貨ペア、売買区分などを選択し、為替レートやチャートを見ながら予想し
上昇トレンドであれば「買い」
下降トレンドであれば「売り」
というように、希望する取引条件になったら、ここではじめて「新規注文」をするわけです。
※注文種別は、成行 指値 など
※通貨ペアは、最初は無難な ドル/円 がおすすめです。
※新規注文の際に必要な取引証拠金は通貨によって異なるので、取り引きルールを確認しましょう。


成行注文の場合は、すぐに約定しますが指値の場合は、指定した金額になるまで約定しませんので、しばらく待ちます。



約定

指定した金額になれば約定(新規注文の成立)です。 
これをポジションといい、買い注文が約定した場合は、「買いポジション (ロング)」
売り注文が約定した場合は、「売りポジション (ショート)」 という言い方になります。



決済注文

次に、決済注文になります。
指値で希望の値段を指定して注文するか、成行ですぐに決済するかを選択します。
逆指値と言う注文もありますが。


成行注文の場合は、すぐに約定しますが指値の場合は、指定した金額になるまで約定しませんので、しばらく待ちます。



約定

指定した金額になれば約定(決済注文の成立)です。
これで、1つの取引が完結し、損益が確定するわけです。



以上が、FX の取引の流れになります。



written by jun Top


Comments are closed.


コメント