FX (外国為替証拠金取引)とは? 利益を得るには
7月 28


スワップトレードとは、ポジショントレードとも呼ばれ、スイングトレードよりも投資期間を長くしたもので、売買の期間が数ヶ月から1年以上にまたがる取引方法のことです。

スワップトレードでは、為替差損でキャピタルゲインを狙うのではなく、NZドル、AUD、南アフリカランドなど、高金利通貨に対して、非常に低いレバレッジでスワップ益を狙います。

どんなに含み損を抱えていても絶対に損切りはしない、というやり方がスワップトレードの特徴です。

スワップトレードのメリットは、ほとんどレートを気にする必要がなく資産運用ができるという点です。

デメリットは、スイングトレードよりも資金効率が落ち、外貨預金と同レベルになる可能性があります。
数年以上に渡って含み損を抱え、いつまでたっても反対売買できないという可能性もあるので、スワップトレードをする際には必ず余裕資金で、且つ非常に低いレバレッジで実施する必要があります。



written by jun Top


Comments are closed.

関係のある記事


コメント